ピアノを上達させるためには?

こちらではピアノを上達させるにはどうすればいいか解説しています。

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

自宅にピアノがないと上達しない?

自宅にピアノ(お金持ちやお嬢様のおうちにあるイメージがあります)がないと上達しないと考えている方もいるでしょう。

たしかに自宅にピアノがあった方がいつでも弾けるので、それだけ練習量が多くなり、上達しやすいです。

しかし、ないからといって上達しない訳ではないんです。

ピアノが自宅になくても上達することはできます。

㏚:高音の出し方

ピアノ(関西圏の方なら、タケモトピアノのCMを一度はきいたことがありますよね)は高価なものですので、そう簡単に購入することはできませんよね?

趣味で始める方であれば、ピアノ(思い切って買ったはいいものの、結局、弾かなくて邪魔になることも少なくありません)ではなくてエレクトーンや電子キーボードでも十分練習になります。

ピアノの価格に比べると安いので、経済的負担が少ないはずです。

そして、自分の住居にピアノがない場合、ピアノ教室に通うことになりますが、そこでの練習が上達の鍵を握ります。

限られた時間ですが、本物のピアノ(思い切って買ったはいいものの、結局、弾かなくて邪魔になることも少なくありません)を使った演奏が可能な貴重な時間なので、集中的に練習をしてください。

そうすることによってピアノがなくても上達はできるようになりました。

ピアノが自宅になくてもできる練習はたくさんあるので、色々試してみるのもいいかもしれません。

  1. 2015/12/2(水) 15:16:1|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どんな練習方法なら上達できる?

ピアノを上手く弾くには指を鍛える必要があります。

初心者の人だとひとつの指を動かそうとすると他の指も動いてしまいますねが、上手い人になってしまったら指を個別に動かす事が可能です。

個別に指を動かすためにもまずはゆっくりと確実に弾くというのを意識してください。

ゆっくりと弾くことで、必要な筋肉が鍛えられ、神経も独立させることができます。

むずかしい曲よりもやさしい曲を選ばれた方がやりやすいと言われています。

しかし、ずっとゆっくりと弾いているとリズム感が鈍ってしまうため、慣れてきたら速く弾くようにして下さい。

リズム感を養うためにメトロノームを使用した練習も加えましょう。

ピアノ(関西圏の方なら、タケモトピアノのCMを一度はきいたことがありますよね)に関わらず、音楽はリズム感が重要になります。

メトロノームを使用してテンポを確認しながら弾くことで、自然とリズム感が養うことができます。

ただし、メトロノーム(振り子の原理で一定のリズムを刻む機械式のものがよく使われていました)を常に使った練習をしていると面白味のない演奏になってしまうので、頼り過ぎるのもいけないのです。

正確なテンポで演奏するにはメトロノームを使った練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)が効果的ですが、あくまでもテンポの確認のために使うようにしてください。

  1. 2015/12/2(水) 15:15:5|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
 X 閉じる
MORK